<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

梅香る 春をいただく太極拳まつり

JUGEMテーマ:日記・一般

 「梅香る 春をいただく太極拳まつり」に参加しました。元ゆめっせ太極拳教室、北中島太極拳教室、光明台&みずき台太極拳教室、JUEGIAカルチャーセンター千里教室、光明池教室の皆様など、我等が太極拳の伊奈遊子師の生徒たちが、毎年、梅の香りが届くころ集まるのが、この「梅香る 春をいただく太極拳まつり」(ウメタイ)です。今年も約30名ほどの太極拳を愛する方々が集まりました。また、特別参加で日本にホームステイされている中国のお嬢様も参加されました。場所は泉北高速・光明池駅からバスで15分ほどの和泉市みずき台自治会館。3月2日は暦の上では春とはいえ、まだまだ寒さの残る日でした。
 まず、皆で1時間ほど太極拳を楽しんだ後、いつもながらなかなか凝ったお弁当でお食事タイム。お酒も入って、一人ひとりの短いあいさつを聞いていると、不思議と仲間意識が高まります。
 お食事タイムには、恒例のショータイムもありました。オートハープとギターの演奏や名物の手話落語もあり、今回は手話を交えての合唱をみんなでしました。また、伊奈遊子師と有志による剣の太極拳、扇の太極拳、太極拳48式など、さまざまな太極拳が存分に披露され、満喫しました。伊奈遊子師をはじめ、お世話くださった方々、ありがとうございました。
 また、久しぶりでもと勤めていた会社の方々とお会いでき、会の後、光明池駅の喫茶店でITからTPP、農業の話まで、話がいろいろと盛り上がり、時間の経つのも忘れました。
 人に会うって、いいことですね。また、来年もみんな元気な顔でお会いしたいですね・・。

早春は希望の如し鉢に水遣る








会を盛り上げる伊奈遊子師
手に持っているのはお酒の一升瓶









楽しいお食事タイム
個性あふれる爆笑あいさつも










ハープとギターの演奏
暖かい春を届けてくれました









手話落語
ユーモアと人間味







扇の太極拳
艶やかです







 
pato * 太極拳 * 23:17 * comments(4) * trackbacks(0)

さようなら「ゆめっせ太極拳教室」

JUGEMテーマ:日記・一般

 13年余続いた「ゆめっせ太極拳教室」が3月で終わることになりました。会場を提供していただいていた新大阪センイシティ1・2号館が3月をもって一時閉館されることになったからです。
 そこで、長い間、講師を務めてくださった伊奈遊子師、高島師、森師を囲んで、創立当初のメンバーを中心に、お別れの会が催されました。
 過ぎ去ってしまえば、13年はあっという間。一昔前の血気盛んな頃の写真などを見ると、みな若かったんだなあ、という感慨とともに、歳月の優しさと冷たさを感じます。
 教室での太極拳のほかに、春は花見の太極拳、夏は合宿、秋はハイキング、冬は春をきく太極拳と、伊奈遊子師を中心に、ITC太極拳愛好会合同のイベントが行われ、さまざまなところで太極拳を楽しみ、親睦を深めた思い出がよみがえって来ます・・。
 太極拳に親しんだお陰で、少しでも「気」というものに触れることができましたし、太極拳が心と体の健康にいいことも実感しました。また、”Tai Chi Chuan: 24 and 48 Postures with Martial Applications ”という太極拳の本を翻訳できたのもいい体験になりました。
 人生の中で、仕事とは別に、一つの趣味を通じて知り合える仲間の存在は、まさに漢方薬のような優しい心の薬かもしれません・・。お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
 なお、ITC太極拳愛好会の「千里教室」、「みずき台教室」は元気に活動が続けられます。 


春雨のなか別れ行くそれぞれに







2006年11月 
奈良で太極拳









2009年2月 
春をきく太極拳まつり









2009年5月 
千里セルシ―で太極拳











2009年7月 朝顔市太極拳











2009年11月 唐崎で太極拳










2010年1月 
新春太極拳表演会(枚方)











2010年4月 
須磨浦公園で太極拳














2010年7月 夏合宿・尾道





  
pato * 太極拳 * 23:19 * comments(4) * trackbacks(0)

ウメタイ

JUGEMテーマ:エンターテイメント 

 毎年2月11日に行われていた「春をきく太極拳まつり・ハルタイ」が、今年からは2月末の「梅香る春をいただく太極拳まつり・ウメタイ」となって初めての会に参加しました。
 和泉市みずき台のみずき台自治会館にITC太極拳愛好会のメンバー30名弱が集まり、また新しい気分で太極拳を楽しみ、春らしい風趣あるお弁当と銘酒呉春で早春の和やかな一時を過ごしました。
 この日の太極拳は盛りだくさん。万葉八段錦、五禽戯、練功18法、簡化太極拳24式などを皆で行った他、伊奈遊子師による太極拳88式、剣の太極拳、有志による扇の太極拳など、勇壮な太極拳から艶やかな太極拳まで、さまざまな太極拳が存分に披露され、満喫しました。
 また、オートハープとギターの演奏やみんなで上を向いて歩こう、故郷、六甲おろしなどを歌ったりと、久しぶりに発散できストレスも解消の一日でした。
 さらに、名物の手話落語もあり、大いに笑わせていただき、血のめぐりがよくなったような、ほんの少し若返ったような気分で、笑いは幸せをもたらすを実感しました。
 久しぶりにお会いする熟年の仲間たちに、文字通り元気をいっぱいいただき、まさに春の気をいただく太極拳のいい一日になりました・・。

梅香る気をもらいたる太極拳








艶やか!扇の太極拳










太極拳48式を演じるメンバー










簡化太極拳24式











オートハープとギター演奏












名物、手話落語












また、会いましょう!







pato * 太極拳 * 20:49 * comments(4) * trackbacks(0)

久しぶりの太極拳

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 久しぶりに新大阪センイシティの太極拳に参加しました。
 折しも今年初めての本格的な雨の日。でも、変わらぬ元気な顔のメンバーの方々が集まっておられて、なにか懐かしい気がしました。
 この日は、新年ということで、辰年にちなんで、龍の動作をしたり、五禽戯という虎、鹿、猿、熊、鶴の動作を真似た体操もしました。五禽戯は内臓など体を強くする中国伝統の体力増強の体操だそうです。
 また、主宰の伊奈遊子氏が考案された万葉集の和歌の朗詠に合わせて行う万葉八段錦も行い、最後はいつもの簡化太極拳24式をこの日特別参加された作曲家、岡本三千代さんの美しい曲「二上エレジー」に乗って楽しみました。岡本さんは故犬養孝先生に師事され、万葉集をとり入れた数多くの曲を制作されています。
 太極拳の後は、太極拳のメンバーでよく行っていた近くの中華料理店で新年会。久しぶりでお会いする方々の元気で楽しそうな顔を見ていると、なぜかとても心が休まり、元気をもらえたような気がします・・。

久々の人と会う夜の時雨かな













pato * 太極拳 * 23:30 * comments(2) * trackbacks(0)

あさがお市で太極拳

JUGEMテーマ:日記・一般

 昨年は雨にたたられた新大阪センイシティーのあさがお市。今年はお天気に恵まれ、屋外で気持ちよく太極拳を披露することができました。
 新大阪センイシティーのゆめっせ太極拳教室のメンバーのほか、伊奈遊子先生の千里中央教室、光明台教室のメンバーが集まり、あさがお市イベントの先頭を切って、午前10時から30分、八段錦、練功十八法、簡化太極拳24式を表演しました。
 何度もやっているし、大勢でやるので、人前で演じる緊張感もほとんどなく、朝顔に囲まれて楽しく、健康的なひと時を過ごすことができました。
 惜しむらくは、沿道の人たちももっと一緒に参加してくれたら盛り上がったのに、と思いました。(先生がマイクで呼びかけたんですが・・)
 一方、朝顔(1000円と1500円)の売れ行きは今年は好調のようで、中には売れ切れている棚も見受けられました。また、風鈴も売っていたり、団扇は無料でもらえました。新大阪センイシティー館内ではセールも開催され賑わっていました。
 太極拳後の会食は今年は近くのメルパルク・ホールで、和やかに行われ、今年も伊奈主宰他の方々のご尽力で、あさがお市太極拳も無事終わりました・・。


朝顔やあしたはいくつ咲いている









太極拳教室は美人揃い










通りにはあさがお市のテントが並ぶ










踊りのイベントももりだくさん






pato * 太極拳 * 22:04 * comments(0) * trackbacks(0)

雪の日のハルタイ

JUGEMテーマ:日記・一般
 
 突然の雪に見舞われた建国記念日、第10回ハルタイ(春をきく太極拳まつり)が光明池 みずき台で行われました。今年に入って東京や大阪など表日本では全くと言っていいほど雨が降らず、異常乾燥が心配されていたところに、いきなり大雪。しかも、よりによって春をきくべき太極拳の日に降るとは・・。春をきくどころか、雪中の太極拳となりましたが、千里中央、新大阪、難波、光明台、みずき台の各教室から計35名もの方が参加されました。屋外で行われる予定が、みずき台・自治会館内での太極拳とはなりましたが、雪の日のハルタイは初めてで、いい思い出になりそうです。
 皆で簡化太極拳24式をした後は、ご用意いただいたハルタイ名物の豚汁、おにぎり、稲荷寿司、おはぎなどを楽しくいただき、「手話落語」「オートハープとオカリナの演奏」「太極拳48式」「剣や扇の太極拳」なども鑑賞できました。また、岡本三千代作曲・柿本人麻呂万葉歌「石見シンフォニー」が伊奈主宰による歌唱で万葉の香り豊かに披露されました。会が盛り上がるのも、さまざまな表演があればこそ。人前で披露できる一芸を持った方々がいてくれるとありがたいし、尊敬してしまいます。また、いつもながら、主宰や昼食などのご準備をされる方々には感謝、感謝。毎年、春にちなんでか、池田の銘酒・呉春がふるまわれるのも、うれしいです。
 みんなで太極拳をし、食べ、わいわいおしゃべりすることで、なんだか気をいっぱいもらうことができたような気がします。

初雪や遠方からの人もあり


 




自治会館の外は一面の雪景色。雪そりを楽しむ子供たちの姿も見られました。










美しい音色のオートハープとオカリナの演奏。心が洗われます。











太極拳48式を演ずる人々











伊奈遊子師の剣の太極拳の演技





pato * 太極拳 * 19:29 * comments(0) * trackbacks(0)

太極拳夏合宿

JUGEMテーマ:旅行
 
 
尾道は暑かった 
 熱中症になりそうな折からの猛暑の中、太極拳の夏合宿で、尾道〜鞆の浦〜仙酔島に行きました。
 参加者はITC太極拳愛好会の有志12名。皆さん若いので、今回は青春18きっぷを利用してののんびり旅に挑戦。出発の日の朝に、新幹線の保安車両の衝突事故の影響で在来線までダイヤが乱れたせいもあり、大阪から4時間半ほどかかってやっと尾道に到着。尾道では太極拳の予定をカットして、少しあわただしく千光寺や文学の小道を散策しました。猛烈に暑いのと尾道の坂が急なのとで早くもバテ気味。尾道ラーメンを食べる間もなく、早々に、尾道から鞆の浦へ、そして船で宿泊地の仙酔島に移りました。

 
仙酔島で太極拳
 鞆の浦の前には、小島がいくつもあります。船で5分ほどの仙酔島は俗化されていない、静かな小島でした。島に2軒ある宿のうち、国民宿舎に宿泊。島に民家はなく、従業員さんは皆、向かいの鞆の浦からの通いなので、8時半までに食事終了ということで、お風呂、食事と結構あわただしかったですが、猛暑の中を歩いた体に冷たいビールは格別でした。料理は、定番の他に、蝦蛄、鯛のあら煮なども出ました。
 翌朝は6時から宿舎の前の芝生で瀬戸内の海を眺めながら太極拳。皆で簡化太極拳24式をした後、扇や剣の太極拳の表演もありました。
 このあたりはきれいな海で海水浴も楽しめます。宿泊した国民宿舎の目の前が海水浴場だったのですが、水着を持ってきたのは一人だけ。彼が気持ちよさそうに泳ぐのを皆で見ていました。


 鞆の浦を知る
 二日目は、仙酔島から鞆の浦に戻り、地元の「鞆の浦万葉の会」代表の戸田先生のガイドで鞆の浦の町を見て歩きました。
 朝鮮通信使などの外国使節の宿泊所に使われた対潮楼からの眺めは絶景。鞆の浦には、龍馬が泊った家が残されていたり、明治、大正時代の建物も多く、昔のままの狭い通りや家と家の間の路地を歩いていると、懐かしい日本の港町の雰囲気が味わえます。
 また鞆の浦は宮崎駿監督の映画「崖の上のポニョ」の港町のイメージとなったことでも有名。宮崎監督が長期間滞在した宿は、やはり眺めのいい丘の上にありました。
 酷暑の中でしたが、主宰の細かいご配慮や戸田先生の親切なガイドで、とても有意義な夏の旅となりました。皆様、お疲れ様でした。
 そして、この美しい鞆の浦の景観、いつまでも大切に残したいですね・・。

真っ白な日傘と海を眺めけり







龍馬の「いろは丸」を模した「平成いろは丸」









鞆の浦の路地を歩く















「ポニョ」のモデルとなった金魚(まん中の大きな出目金だそうです)がいるお店もあります 
 
 
pato * 太極拳 * 23:27 * comments(2) * trackbacks(0)

朝顔市で太極拳

JUGEMテーマ:エンターテイメント
 
 毎年恒例の新大阪センイシティの朝顔市で太極拳の日です。年を取ると一年が過ぎるのがとても速く、えっ、もう朝顔市という感じです。
 しかし、あいにくの豪雨でイベントはすべて中止。 通りにはたくさんの朝顔が並び、今年の夏の始まりを告げ、いつもの夏がいつものようにやって来て、いつものように太極拳イベント、だったはずですが、やむなく、室内で皆で太極拳の練習をしました。また、大ぶりの雨のため、朝顔市の賑わいはいまいち、朝顔の売れ行きも今年はいまいちのようでした。
 太極拳には、伊奈遊子太極拳教室の新大阪、光明台、千里中央の人たち30余名が集まりました。皆さん毎年、歳を取っているはずですが、ほんとに変わらず元気です。
 太極拳の後は、近くの日生ビルの居酒屋「たちばな」で打ち上げ。こちらの方は、伊奈主宰のいつもの名調子の司会で、大いに盛り上がりました。主宰、いつもながら、準備やら手配やらお疲れ様でした。
 来年の朝顔市は、いいお天気であることを今から祈っておきます。

朝顔に雨吹きつけて日もすがら 














pato * 太極拳 * 18:15 * comments(3) * trackbacks(0)

須磨浦公園で太極拳


 今年は、須磨浦公園で太極拳お花見をしました。
前日までの冬のような気侯とうって変わって、一気に春を通り越して初夏を思わせる陽気。私たちのお花見太極拳に合わせたような晴天の絶好の行楽日和でした。
 須磨浦公園は見下ろすと、すぐ前に瀬戸内海が広がり、明石大橋や淡路島もまじかに見え、須磨浦海岸や神戸の街も一望です。
 桜の木の数は意外と少なかったですが、ロケーションがいいので、ほぼ満開のソメイヨシノの下でとても気持ちのいい一日を過ごすことができました。
 八段錦、練功十八法、簡化太極拳などをした後、みんなでそれぞれが持参したお花見弁当と差し入れて頂いたおいしいお酒とおつまみ、お菓子などを楽しみました。素晴らしい風景の中で食べるお弁当は格別ですね。
 ロープウェイで須磨浦山上遊園にも登り、ここでも太極拳。平日でしたが、お花見の季節でもあり、いいお天気なので結構たくさんの行楽客で賑わっていました。
 いつもながら、いろいろ段取りをしていただいた主宰お疲れ様。そして、皆様、お疲れさまでした。
今年も元気でお花見ができてよかったです・・。

須磨の浦 海を見下ろす桜かな



pato * 太極拳 * 20:04 * comments(1) * trackbacks(0)

2010 春をきく太極拳まつり

  
 毎年、2月11日の建国記念日はITC太極拳愛好会主催の「春をきく太極拳まつり」の日です。あいにくの雨のため、今年は泉北みずき台の集会所で行われ、50人余りの方が集まりました。
 集会所のあたりはまだ新しい家が立ち並び、自然に囲まれた閑静な住宅街です。集会所は雛壇の敷地に建てられ、玄関ホールから下に降りて行くと広い部屋があり、窓外に団地の自然が眺められるように造られていました。
 いつものように、八段錦、練功十八法、簡化式太極拳24式などを皆でやった後、楽しみな昼食会となりました。用意していただいたおにぎりや豚汁などをわいわいしゃべりながら、おいしくいただくと、身体も心も温まりますね・・。
 この日は、泉北のみずき台、光明台、千里中央、難波、新大阪の各教室の方々が一堂に会し、また、他の団体の太極拳講師の方々もお見えになり、とても賑やかでした。 昼食後は写真のような剣を使った優美な太極拳なども披露されました。
 午前11時頃に始まった会は、午後3時頃に無事終了。いつもながら、主宰や昼食などのご準備をされる方々には感謝、感謝です。
 天気が良くて芝生と屋外ステージがある太極拳まつりもいいですが、まだ寒いこの時期、屋内は暖かくてありがたい面もありますね・・。
 毎年この日を迎えると、またもう「春をきく太極拳まつり」の日かと、1年の早さを感じさせられます・・。

春を呼ぶ雨と思えば暖かき
pato * 太極拳 * 10:41 * comments(4) * trackbacks(0)
このページの先頭へ