<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

鴨川食堂

JUGEMテーマ:映画

以前、「深夜食堂」をブログで取り上げましたが、今度は「鴨川食堂」です。
こちらの料理人は、あのショーケン、萩原健一が実に久しぶりのTV出演。元刑事の男が、今は素晴らしい京料理人になっていて、どんな思い出の料理も依頼人の過去を取材をして、見事その味を完璧に再現します。立ち姿、料理の出し方などからして、あのショーケンが円熟の料理人になっての抑えた、渋い演技に、ショーケンも歳行って丸くなったんだなぁという感慨が湧きます。
それに、父、鴨川流(ながれ)の娘、鴨川こいしに扮する忽那汐里、元料亭の女将で今は鴨川食堂の常連客の岩下志麻など、強く、美しい京女が店を支えます。
「思い出の食」捜しは、8回シリーズ完結。次回シリーズは4月以降、登場するかもしれないとのこと、ぜひ、続きを見たいものです。


水菜買う錦市場の長きこと



pato * TV * 16:23 * comments(2) * trackbacks(0)

ブログは脳の老化を防ぐ

JUGEMテーマ:日記・一般

 毎週見ている田原総一郎の「サンデープロジェクト」に脳科学者の茂木健一郎が出演し、興味深い話をしていました。 ブログは脳の老化を防ぐらしいのです。
 物を思い出すという脳の働きは側頭葉の記憶を前頭葉に運ぶことによって行われ、日頃この神経を使わないとその機能自体が弱体化し、いっそう物忘れが進むそうです。
 この神経を刺激するのにいいのが、たとえばブログを書くということで、何かを書くということは、どうしても何かを思い出す脳の作業を伴うからです。
 それと、好き嫌いなどの感情を伴う記憶は長い間、脳に残るとのことです。そういえば、遠い昔の楽しかったことや嫌な思い出はいつまでも残るのに、どうでもいい、おととい何を食べたかなどは思い出そうとしてもなかなか思い出せません。
 番組では言われなかったのですが、何かとても嫌なことがあって、何かを思い出したくない、何もしたくないという状態になるうつの人の海馬(側頭葉にあって記憶と学習機能をつかさどる)は、萎縮することがあるという話はつらいですね・・。
 物を思い出しながら何かを書くというのは、結構エネルギーのいる作業ですが、ぼけずに人生を生き抜くために、私もコツコツ、ブログを続けたいと思います。

燕来る家に住みけり15歳
pato * TV * 16:49 * comments(5) * trackbacks(0)

ターシャの庭


NHKアーカイブでターシャの庭をやっていました。素人が見るとほとんどほったらかしのようでいて、そこには四季の花々や木々、さまざまな鳥がのびのびと生きているまさにイングリッシュガーデン。コーギー犬がなんともよく似合う庭でもありました。
「私はここに住めば必ず幸せになれるとわかっていた。そしていつも幸せだ」とターシャは言っています。I am always happy.そんな気分にさせてくれる庭は最高ですね。映像からもさまざまな命あるものが、のびのびと生きていて、その中に人間が生かされている。人と自然の本来あるべき姿が伝わってきます。
飛行機などの設計技師の父と肖像画家の母の間に生まれたターシャは、モノを作る才能に長けているのがほんとにうらやましい。著名な絵本はもちろん、日々の食事やローソクなどの身の回りのものは何でも手作り。家具は家具職人の長男が作ってくれるようですが、自然が与えてくれたものですべて生活がまかなえるのは素晴らしいことですね。
女房は庭造りが好きで、会社をやめたらどこか田舎で自給自足の暮らしがしたいと思っているようですが、棚一つ作ったことがなく、農作業は全く苦手な私はどうしたらいいでしょう・・。それに、野中の一軒屋はとても用心が悪く、不安ですよね・・。

夏草やコーギー犬と戯れぬ
pato * TV * 14:51 * comments(0) * -

東京タワー


リリー・フランキーは、なかなかいいなと思う。NHKの番組「トップランナー」とか、テレビでも何回か見ましたが、柔らかで、自然に生きている感じがしました。「東京タワー」に登場するような、子供に一生捧げるオカンがいて、めちゃくちゃなオトンと幼い頃からのいい友達がいて、若い時しっかり貧乏生活を送って自分の道を貫くとこんな歳のとり方になるのかなあ・・。
ところで、フジテレビで見たドラマも「東京タワー」もなかなか良かったですね。昭和30年代(?)の田舎町がいい感じで、登場人物も人間味があって懐かしかったです。主人公が転校するというので、友達がお別れに来て、みんなでおいおい泣くなんて、今ではありえない光景ですね。
それと、むちゃくちゃなオトンも良かったです。あれだけむちゃくちゃだと、子供に対する父親の印象、強いですね。
いい父親でもなく、かといって、無茶もできない中途半端な父としては、うらやましかったです・・。

白菜を漬けてわが子の明日想う
pato * TV * 22:51 * comments(1) * -
このページの先頭へ