<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 家族はつらいよ | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

別冊關學文藝第五十二号


 太極拳の師、伊奈遊子さんから、別冊關學文藝(第52号)が届きました。
伊奈さんは、広告代理店在職中にクライアントから太極拳を勧められ、太極拳を極められた後、伊奈教室を始められ、鉱脈を掘り当てられたような充実した第2のキャリアを送られています。
そして、第2のキャリアの中には、執筆活動も含まれています。「伊奈文庫」からの採録も、もう12回目になります。今回採り上げているのは、「パルタイ」の倉橋由美子、関学の先輩で夭折した天才詩人の吉田駿介、北杜夫の「少年」、「松山市教育委員会編」の「伝記 正岡子規」です。とくに、「伝記 正岡子規」は参考になりました。
そして、昨年末開かれた伊奈遊子作「枯れ木に花を咲かせましょ」出版記念パーティでは、伊奈さんは没後36年の先輩詩人・吉田駿介さんの詩集「それからいくどもいくども昼と夜が」を朗読されたとか。これをみても、別冊關學文藝が若き日の文学への情熱をいかに長く持ち続けている歴史ある同人誌かがわかります。
 別冊關學文藝(第52号)には、名村峻氏の「叔父たちの戦争」が載っています。図書館に残された叔父の戦争体験記を取り寄せ、その頃の日々を思い出し、叔父たちの戦争を追体験する。そこには血の繋がった肉親、親類にしか感じえない、生々しさがあります。そして、私たちは、やがてその戦争の影さえ見失ってしまう。そう、著者は警告しているのかもしれません。
 ところで、先日、TVで「ALWAYS三丁目の夕日」の山崎貴監督が最先端のCGの映画監督だと知りました。セットの様子も映しましたが、そういうわけで、ほとんどセット=ブルーシート、つまり、山崎監督は何もないところに、戦時を描いたのですね。びっくりしました。
しかし、伝統工芸が失われていくにつれ、ものつくりにおける人間の手の大切さを思います。叔父さんたちが、何一つ機械も使わず、文字通り手作りで描いた戦争と、CGが描く戦争。人間の手と頭脳がつくる新たな未来に期待したいです。

叔父たちの戦争今年もあの夏が来る

pato * 小説 * 18:51 * comments(1) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:51 * - * -

コメント

伊奈先生お元気でご活躍。嬉しく存じます。日本文学の
奥深さに感銘何も知らない私!戦時中は小学生2年生、家は焼けだされ焼夷弾の下を逃げたのを忘れません、今は・・
★ジャスミンテラスに咲くは匂い好し白き花々我は癒されSei
平和はいいですね・
Comment by Sei @ 2016/05/23 5:53 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ